子どもが好きなら天職

 保育士になってたくさんの子供と関わっていこうとする女性がいることでしょう。保育士になることで女性の仕事に就いていることのプライドを高めていき、ともすれば保育士として働く中で、潜在的にある母性本能が開花されていく女性保育士がいらっしゃるのではないでしょうか。子供と関わることでこんなにも自分は変われるものなのかと驚くのが窺えて、保育士の業務に一層のやりがいを持つようになると考えられます。その業務が自分を女性らしくしているのではないかと感じるようになる女性がいると思い、保育士という職業の神秘性を感じるようになるのではと思わせるのです。
 保育士の仕事を長年にわたって続けている女性保育士は、この仕事は自分に向いているのだということを心から感じ入っているのが窺えて、ともすれば保育士の仕事と巡り会うべき運命だったということを強く意識するようになるかもしれません。保育士の仕事をやり抜くことが自分に与えられた使命だとさえ意識するようになるのが考えられて、人として生きることの価値を明確にしているようだと思っているのではと考えられます。まるで保育士の仕事が人生の質を高めているようだと思っている女性保育士がいると思い、保育士の奥深さを更に実感するのではと思うのです。保育士という女性の仕事がもう一人の自分を作り出しているように感じたりはしないでしょうか?保育園で働く中で、積極性溢れる自分が存在していることを実感したときに、潜在意識に押し込められた自分が今まさに活動していることを意識するのではないかと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です